ファンが作ったディズニーのキャラ大集合ムービー「Fan.tasia」が170万回を超える大ヒット


ディズニーは1937年から合計55作品ものアニメーション長編作品を制作しています。さまざまなディズニー作品のキャラクターが音楽に合わせて次々と登場するムービー「Fan.tasia」をティズニーファンのLindsay McCutcheonさんが制作・公開していて、記事作成時点で実に177万回以上も再生される大ヒットとなっています。

Fan.tasia - YouTube


ディズニー映画のオープニングでおなじみのお城とロゴの映像からムービーがスタート。


Madeonの曲「Pop Culture」が始まり、曲に合わせてキャラクターがピッタリ動いてきます。ラプンツェルはサッと身を引く動作。


続いて「ヘラクレス」の芸術の女神たちが踊ります。


リロ&スティッチもノリノリ。


音楽に合わせてホウキがサッサッと動きます。


怪しげな顔で笑う「ライオンキング」のスカー。


踊りを見ている人たちもノリノリです。


リズミカルなテンポでさまざまなディズニー作品が登場。


ジーニーの顔の形がぐにゃりと変形。


「プリンセスと魔法のキス」のドクター・ファシリエは、音楽に合わせて顔が一瞬で変化します。


扇や葉っぱで隠されていたものが次々と登場。


続いてはビックリ顔が勢ぞろい。


複数の作品のコラボレーションも。


ラッパ、シャンパン、槍、つるはしが空中に掲げられます。


ノリノリのダンス。


ベイマックスの武術データもダンスに含まれる……のでしょうか?


恋人同士のロマンチックなシーンが続きます。


二人で手を取り合い……


次は登場人物の顔のアップを映し出します。


扉を開き、通路をずんずん進むシーンの詰め合わせ。


みんなでノリノリです。


再び2作品のコラボレーション。


乗り物に乗るシーンでもテンポのいい音楽が続きます。


ゲームに興じたり……


音楽を楽しんだり。


次は植物のシーンが次々と流れます。


タンポポの綿毛を見ていたのは「美女と野獣」のベル。


ラプンツェルも立ち上がります。


ディズニープリンセスたちが空を見上げて思いをはせるシーン。


次はダンスのシーン。アリエルがエリック王子と踊っていると……


「眠れる森の美女」のダンスシーンへなめらかにつながります。


ラプンツェルも踊りまくり。


「美女と野獣」でもダンスシーンがありました。


疾走するディズニーキャラクターたち。


空も飛びます。


俯瞰シーンから……


扉を開いて進んでいくシーンへ。


クライマックスはみんなが手を広げて大声を上げます。


作品から作品へのつなげ方が実になめらかで、同じ作品なのではないか?と思ってしまうほど。


このムービーは実に20個ものディズニー作品が組み合わせて作られていたのでした。

・関連記事
ディズニーのアニメの動きがまるで生きているように感じる秘密がわかる「キャラクターに命を吹き込む12の法則」 - GIGAZINE

ディズニーがいかにアニメを再利用しているのか分かるムービー - GIGAZINE

ディズニープリンセスの大きな瞳に隠されたアニメの歴史とは? - GIGAZINE

ディズニー映画のキャラクターが官能恋愛映画で愛を表現してしまったら? - GIGAZINE

「ミッキーマウス」の著作権を守るため、これまでどのような著作権法の変更が行われてきたのか? - GIGAZINE

シンデレラの死体などディズニーランドを皮肉った夢の国ならぬ憂うつの国「ディズマランド」写真&ムービーまとめ - GIGAZINE

383

in 動画,  映画,  アニメ, Posted by darkhorse_log