×
試食

バターの香りを存分に楽しめるケンタッキーの新メニュー「濃厚香味バターチキン」「発酵バター入りビスケット」とトマト風味のまろやかさが特徴の「トマトクリーミーポタージュ」を食べてきた


2018年1月5日(金)より「濃厚香味バターチキン」と「発酵バター入りビスケット」「トマトクリーミーポタージュ」が登場しています。寒い時期にぴったりの新メニューとのことで、どんな味わいを楽しませてくれるのか、実際に食べてみました。

ケンタッキーから寒い時季にぴったりの新チキンが登場! バターとガーリックをきかせた特製香味オイルが食欲をそそる 「濃厚香味バターチキン」 1月5日(金)新発売 ~新サイドメニューも登場!「北海道産発酵バター入りビスケット」「トマトクリーミーポタージュ」同時発売~
http://japan.kfc.co.jp/news_release/news171226kfc.html

ケンタッキーに到着。


店頭には「濃厚香味バターチキン」と書かれたのぼりがありました。


「濃厚香味バターチキン」1ピース(税込270円)と「発酵バター入りビスケット」(税込220円)、「トマトクリーミーポタージュ」(税込290円)を注文。


「濃厚香味バターチキン」はパセリがかけられています。


手に取って、口に近づけてみると、バターの香ばしい香りが漂ってきて、食欲をそそられ……


たまらずパクリ。口の中いっぱいにバターとガーリックの香りが広がり、外側はカリカリっとした衣で内側はジューシーなチキン。強いバターの香りが癖になり、無心に食べ続けていると、あっという間になくなってしまいました。


次に「トマトクリーミーポタージュ」。ふたを開けると、濃い黄色のポタージュスープという印象。


口に運んでみると、ポタージュスープは濃厚かつクリーミーで少しミートソースっぽい風味があり、飽きのこない味。中に入っているニンジンは大きめにカットされているものの、かまなくても崩れるくらいに柔らかいです。


タマネギは細かくカットされているので、口に入った食感はほとんど感じませんが、香りを楽しむことができます。ベーコンはかなり細かく刻まれているのか、発見することはできませんでしたが、ポタージュスープからミートソースのような風味を感じるので、風味付けに一役買っているのだと思います。


「発酵バター入りビスケット」は通常の「ビスケット」と変わらない大きさ。


シロップをかけて食べてみると、外がサクサク、中がフワフワしていて、しばらくかんでいると、ほのかなバターの風味を感じてきます。チキンほど強いバターの香りはないものの、あっさりとして食べやすく、朝食として食べるにはとてもアリ。


なお、「濃厚香味バターチキン」「発酵バター入りビスケット」「トマトクリーミーポタージュ」は2018年1月5日(金)より数量限定で販売中です。

・関連記事
ケンタッキーが「フライドチキンを揚げる方法」を学ぶまで部屋から脱出できないVRゲームを研修に導入、まるでデスゲームでも始まるかのような異様な雰囲気 - GIGAZINE

カメラに向かってほほ笑むだけで支払いOKな「Smile to Pay」が中国のケンタッキーフライドチキンに登場 - GIGAZINE

インターネットの闇からカーネル・サンダースが守ってくれる避難所「Internet Escape Pod」 - GIGAZINE

まさかの「フライドチキン入りビール」が爆誕、その味は? - GIGAZINE

ケンタッキーがまさかのスマホを発売、専用アプリの破壊力がスゴイ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log