豚バラのうま味とニンニクの風味が相性抜群な伝説のすた丼屋「広島風お好み焼きすた丼」を食べてみた


「伝説のすた丼屋」が広島のご当地グルメとコラボした「広島風お好み焼きすた丼」が、2018年1月11日(木)より登場しました。パンチのきいた濃厚ソースだけでなく盛り付けにもこだわったという丼が、いったいどのようなものになっているのか確かめるため、早速食べてみました。

【期間限定】広島風お好み焼きすた丼 発売★ | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】


「伝説のすた丼屋」に到着。


店の前には「広島風お好み焼きすた丼」の看板が飾られていました。


早速「広島風お好み焼きすた丼(並)」(税込880円)を注文すると、約5分ほどで提供されました。


「広島風お好み焼きすた丼」にはワカメと青ネギのみそ汁と……


生卵にマヨネーズが付いてきました。


「広島風お好み焼きすた丼」は直径20センチほどの丼に盛られています。本場広島のお好み焼きにならい、具材は混ぜ合わせず重ねられ、紅ショウガはなしという仕様。


丼のてっぺんには青のりと天かすがたっぷり。


その下にはオタフクソースがよく絡んだ豚バラ肉と……


もやしと青ネギなどの野菜が敷かれています。


豚バラ肉には味の濃いオタフクソースと秘伝のニンニク醤油が使われているという「すたダレ」がよく絡み、ご飯と一緒にかき込みたくなります。


もやしは歯ごたえシャキシャキ。


せっかくなのでタマゴを上にのせ……


マヨネーズをかけます。


すると、見かけはまさに「広島風お好み焼き」といった感じ。


お箸でタマゴを割ってみます。


すると、とろりとした黄身が丼に広がります。


タマゴとマヨネーズをかけると、マヨネーズの酸味とタマゴのまろやかさが絶妙にマッチし、天かすのサクサクとした食感と青海苔の磯っぽい風味も「広島風お好み焼き」感を倍増させます。豚バラの脂身からしみ出す肉のうま味とオタフクソース、すたダレのニンニク風味も相まって、ご飯との相性バツグンの丼になりました。


「広島風お好み焼きすた丼」は全国の「伝説のすた丼屋」で2018年1月11日(木)より提供が開始されていますが、中野新橋・み~さんの店・談合坂SA店・ゆめタウン久留米店では提供されていないとのことです。

・関連記事
吉野家の新メニュー「白カレー」&「牛白カレー」とレギュラーの黒カレー&白カレーのトッピングを食べ比べてみた - GIGAZINE

リニューアルして復活した松屋「ビビン丼」の甘辛い牛肉と半熟玉子をまぜまぜして食べてきた - GIGAZINE

「チーズチーズダブルチーズバーガー」など「ダブチを超えろ!」がテーマのチーズ倍増バーガー3種類をマクドナルドで食べてきた - GIGAZINE

映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」で悪役が振る舞うハンバーガーをイメージした「ポピー バーガー」を実際に食べに行きました - GIGAZINE

一年の無病息災を祈って大戸屋の「春の七草ぞうすい」を食べてきた - GIGAZINE

98

in 試食, Posted by log1h_ik