×
ゲーム

「世界で1枚しかない激レア遊戯王カードが日本で4500万円で売られている」と海外で話題に


週刊ジャンプに連載されていた漫画「遊☆戯☆王」に登場するカードゲームをモチーフにして誕生し、現在では世界的に人気のあるトレーディングカードゲーム「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」のカードの1枚が「40万ドル(約4400万円)以上で東京で売られている!」と海外で話題を呼んでいます。

One-Of-A-Kind Yu-Gi-Oh! Card Yours For Only $400,000
https://kotaku.com/one-of-a-kind-yu-gi-oh-card-yours-for-only-400-000-1822147353


This rare Yu-Gi-Oh! card is on sale in Tokyo for over $400,000 - The Verge
https://www.theverge.com/2018/1/20/16909756/blue-eyes-ultimate-dragon-rare-yu-gi-oh-card-tokyo-sale


This Blue-Eyes Ultimate Dragon Yu-Gi-Oh Card is "One-of-a-Kind" - Interest - Anime News Network
https://www.animenewsnetwork.com/interest/2018-01-15/this-blue-eyes-ultimate-dragon-yu-gi-oh-card-is-one-of-a-kind/.126454

「遊☆戯☆王」は1996年に週刊少年ジャンプで連載がスタートした、高橋和希さんによる漫画。原作漫画は2004年に完結していますが、作品内に登場したカードゲーム「マジック&ウィザーズ」をモチーフに作られた「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」とタイアップしたアニメは2018年現在も「遊☆戯☆王VRAINS」として放送が続いています。

「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム」は、原作読者なら1度は決闘者(デュエリスト)としてデュエルに興じた経験があるはず。カードの中には数十万円単位で取引されるカードもありますが、今回見つかった「青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)」には、桁違いの4500万円という値がつけられています。

4500万円という値段が付けられた「青眼の究極竜」のカードは、2001年に開催された「KONAMI遊戯王OCGアジアチャンピオンシップ」の優勝賞品として作られた、世界に1枚しかないというもの。過去、オークションにかけられたことが2回確認されており、2005年11月に120万円、2011年5月に100万6000円で、それぞれ落札されています。2016年8月時点でカードを保有していたのはTwitterID「saku06s」さん。


「仕入れ」のつもりで入手したそうです。


その後、2018年1月から東京・秋葉原のカード屋「すぱいらる」に置かれ、攻撃力である4500に合わせて、4500万円の値がつけられたというわけです。


「saku06s」さんが当初は999億円の値付けをしていたことから、ニュースサイトのThe Vergeは「大幅な値引きがされている!」と記しています。なお、1999年に開催された公式大会「遊☆戯☆王デュエル・モンスターズ 全国大会」の優勝者に送られたステンレス製の「カオス・ソルジャー」のカードは、優勝者がオークションにかけたところ202万円で落札されたという記録があります。値付けだけならさらに高額なものはあるものの、相場は高くても100万円単位と考えられます。

Twitterのモーメントでも「遊☆戯☆王のレアカードはランボルギーニより高い」と話題になっています。

This rare Yu-Gi-Oh! card costs more than a Lamborghini


「青眼の究極竜」のカードは「青眼の白龍」を融合させることで召喚できるもので、原作の漫画では主人公のライバルである海馬瀬人が使用しています。この海馬瀬人は大企業の社長であり、大金を積んでカードを購入したり、世界に4枚しかない「青眼の白龍」の中の1枚を破り捨てることで自分以外が「青眼の白龍」のカードを所持できないようにしたりと、「青眼の白龍」に対してものすごい執着心を持ったキャラクターでもあります。

そのため、「本当に海馬瀬人にしか購入できないカードだ」とつぶやく海外ユーザーもいます。


他にも、「遊戯王のレアカードはまだ捨ててないから、いつかこのカードたちが僕をリッチにしてくれるかも」とつぶやく人も。


なお、The Vergeによると40万ドル(約4400万円)があればプライベートアイランドが購入できるそうです。

・関連記事
好きな画像からオリジナル遊戯王カードを作る「遊戯王カード工場 - オリカ自動生産(ジェネレーター)」 - GIGAZINE

重さ144kg、遊戯王カード約12万枚がオークションに出品される - GIGAZINE

10万円を超えるものまで存在する、圧倒的プレミアがついたゲームソフト - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logu_ii