×
セキュリティ

サッカーリーグが「リーグ戦の不正な上映」を防ぐためにAndroid端末からデータを取得していた

by Hamza Butt

スペインのプロサッカーリーグであるリーガ・エスパニョーラは、「許可されていない場所でのリーグ戦放送」を阻止するために公式のストリーミングアプリをインストールしたAndroid端末から、ユーザーのオーディオデータや位置情報を取得していることを明らかにしました。

Spanish football league defends phone 'spying' - BBC News
https://www.bbc.com/news/technology-44453382

Nota informativa | Noticias | Liga de Fútbol Profesional 2018
http://www.laliga.es/noticias/nota-informativa-138

今回リーガ・エスパニョーラが「オーディオデータや位置情報データを入手している」と明かしたのは、Google Playからインストール可能なLa Liga - App Oficialという、リーガ・エスパニョーラの公式アプリ。全世界で1000万以上もダウンロードされているというこのAndroid用アプリでは、リーガ・エスパニョーラのリーグ戦が無料で見られる他、詳細な試合結果やスケジュールなどが確認できます。


そんな公式アプリについてリーガ・エスパニョーラは2018年6月11日、「2018年6月8日からAndroid端末のマイクとGPSにアクセスし、オーディオデータと位置情報を取得している」ことを公式サイトで公表しました。リーガ・エスパニョーラの説明によれば、今回の新機能実装は「リーグ戦の不正な放送を行う詐欺を防ぐため」だとしており、ユーザーの個人情報を収集することが目的ではないとしています。

他の国のリーグと同様に、リーガ・エスパニョーラのリーグ戦をレストランやバーといった公共の場で上映する場合には、有料のライセンスが必要です。ところが、この公式アプリを使って公共の場でリーグ戦を上映するケースが存在することが明らかになっていました。このような形でライセンスを持たずに勝手にリーグ戦を上映することでリーグが被る損失は、実に年間1億5000万ユーロ(約190億円)もの額になると試算されているそうです。

リーガ・エスパニョーラはオーディオデータを断片的なシグナルデータとしてのみ受信し、どの試合をアプリが放送しているのかを照合することで、位置情報と組み合わせて「不正なリーグ戦放送を行う施設」の特定を行うとのこと。アプリのデータ取得はリーグ戦試合が開始した時点で有効になり、常時ユーザーのマイクを有効にしているわけではないそうで、「アプリをインストールする時にユーザーの許可も取っている」とリーガ・エスパニョーラは説明しています。

by Paf - Games Sport Casino

今回の発表はEUで発行した新データ保護規則「GDPR」によって公表されたものであり、ユーザーはAndroid端末の設定からマイクへやGPSへアクセスすることに対する同意を取り消すことが可能。リーガ・エスパニョーラは「不正行為が確認されなければ、ユーザーのデータは即座に消去されます」と説明していますが、インターネット上では「リーガ・エスパニョーラがユーザーをこっそり監視している」などの批判の声が挙がっています。

・関連記事
高層ビルの屋上から街を監視し特定の個人を見つけ出すことも可能なスパイカメラ「Mantis」が中国で開発中 - GIGAZINE

3大AIアシスタントのSiri・Alexa・Googleアシスタントに「私のことスパイしてる?」と聞いたらこうなった - GIGAZINE

ヒトの眼球を生体認識に使う「虹彩スキャン」のデータ43万人分がFBIによって収集されていることが判明 - GIGAZINE

法の抜け穴を使って警察が携帯電話キャリアから「ユーザーのリアルタイム位置情報」を入手していたと判明 - GIGAZINE

ゲイの男性向け出会い系アプリ「Grindr」がHIVステータスや位置情報をサードパーティーに送っていた - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by log1h_ik