×
メモ

アプリで農家と投資家を結び付けるスタートアップ「Farmcrowdy」が1億円規模のシード資金調達に成功


「事業を拡大したい農家が、アプリ上で出資を募って投資家からの投資を受けることができる」というサービスを提供しているナイジェリアのスタートアップ「Farmcrowdy」がシード投資ラウンドを終了し、複数のベンチャーキャピタルから1億円規模の資金を調達することに成功しています。

Nigerian Agritech Startup Farmcrowdy Raises $1m Seed Investment
https://www.forbes.com/sites/mfonobongnsehe/2017/12/19/nigerian-agritech-startup-farmcrowdy-raises-1m-seed-investment

Farmcrowdyは、事業の立ち上げを目指す起業家が集まるインキュベーターTechstars Atlantaの2017年の「卒業生」で、小規模に農業を営む農家と地元のナイジェリアのスポンサー(資金提供者)を結び付けるサービスを提供しています。

まだ立ち上げから1年程度しか経過していないにも関わらず、FarmcrowdyはCox Enterprises、Techstars Ventures、Social Capital、Hallett Capital、Right-Side Capitalなどのベンチャーキャピタルや、エンジェル投資家などから100万ドル(約1億1000万円)の投資を集めることに成功。以下のムービーでは、Farmcrowdyのビジネスの内容を見ることができます。


FarmcrowdyはONYEKA AKUMAH氏によって立ち上げられたスタートアップ。ナイジェリアの農業が必要としていた、小規模農家と投資家を結び付ける接点を実現するために誕生したといいます。


Farmcrowdyは、ナイジェリア人がナイジェリアの農地で、ナイジェリア人のために食料を生産することの手助けを行います。


ナイジェリアでは食料の多くを他国からの輸入に依存しており、その比率を下げることが国としてのトレンドとなっています。


そんなトレンドを後押しするのが、スマートフォンアプリを使って小規模農家が投資を募ることができるFarmcrowdyであるというわけです。


実際にFarmcrowdyを使ったニワトリの生産者は初年度から事業拡大に成功しており、2年目にはそれまでの6000羽規模から8000羽規模への拡大を狙っているとのこと。


Farmcrowdyはお金を出すだけではなく、資材やノウハウの提供を行うことも特徴。


ヒナの提供や家畜の医療面での支援、そして飼料の提供など幅広いサポートを行ってくれるとのこと。


お金を出して終わりではなく、共同で成功を目指すというスタイルが取り入れられている模様です。


実際にあがった利益は、投資家に40%、生産者に40%、そしてFarmcrowdyに20%が分配される仕組みになっています。


また、不作などで思うような業績に達しなかった場合でも、保険でカバーされるというのも生産者にとってはメリットといえます。


このように、Farmcrowdyはナイジェリア国民が自国で食料を生産できる状況を作ることを目指しつつ、ビジネスとして農業をサポートする事業を拡大しようとしています。

・関連記事
スタートアップとして起業するための資金調達のステップをわかりやすく図式化するとこうなる - GIGAZINE

ロボットを用いて農業を完全自動化するプロジェクトで大麦の種まき・世話・収穫に成功 - GIGAZINE

なぜ世界の発展のために途上国への支援が必要なのか? - GIGAZINE

今まで誰も知らなかった「世界の漁業マップ」が完成 - GIGAZINE

工業化された農業によって地球は「第六の大量絶滅期」を迎えると科学者が警鐘を鳴らす - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   動画,   ,   メモ, Posted by logx_tm