×
ネットサービス

Amazon.comがサーバーダウンするとさまざまな犬の写真が表示される


2018年7月12日9時過ぎから、インターネット通販の大手サイトである「Amazon.com」に接続できない状態が一時的に発生しました。これは503エラー(Service Unavailable Error:サービスが利用不可)によるもので、ページにはリロードするごとに、Amazon.com本社でみんなと一緒に「働いている」という犬たちの写真が表示されるようになっています。

503 - Service Unavailable Error
https://www.amazon.com/

見たかった商品ページが削除されている場面に遭遇することはあっても、サーバーダウンに遭遇することは少ないAmazon.comですが、2018年7月12日の朝は珍しく503エラーを出していました。


リロードすると別の犬の写真が表示されます。エラー自体は10時過ぎには復旧しました。


この犬は写真素材を使っているのではなく、Amazon.comのシアトル本社にいる犬たち。Amazon.comでは創業時から仕事場にウェルシュ・コーギーのルーファスがいたので、現在でも従業員が犬を連れてくるのは当たり前のこと。そして、それをサポートするための施設も整えられているのだそうです。2017年8月時点で、登録されている犬の数は4000頭でしたが、2018年1月には6000頭に増加。すべての犬が毎日「出勤」するわけではないものの、毎日およそ500頭がやって来るとのこと。

Meet the dogs of Amazon
https://blog.aboutamazon.com/working-at-amazon/how-much-does-amazon-love-dogs-just-ask-one-of-the-6-000-pups-that-work-here


以下のムービーを見ると、犬のことまでよく考えたオフィスになっていることがわかります。なお、人気の名前は「ルーシー」「ベラ」「チャーリー」だそうです。

Meet some of the cutest dogs at Amazon - YouTube


どこかの公園に連れ出しているのではなく、会社にペットを連れてくる前提で作られているという素晴らしい環境です。


ちなみに、「エラー画面に犬」といえば、日本でははてなが行っています。はてなの場合、モデルはマスコット犬のしなもんで、サービス開始初期からユーザーに愛されてきましたが、2013年6月21日に亡くなりました。

さようなら。ありがとう。 - しなもん日記
http://cinnamon.hatenablog.com/entry/2013/06/22/195805

・関連記事
犬と触れ合う「ドッグセラピー」にはストレスを下げ幸福を感じさせ学習効果を高めるなど多様な効用がある - GIGAZINE

なぜ犬と人との間には強い絆があるのか、その理由が明らかに - GIGAZINE

普段から一匹で留守番をしている犬も実は孤独に強いストレスを感じている - GIGAZINE

なぜ愛犬を失うのは友だちを失うよりもつらいのか? - GIGAZINE

Amazon本社にある植物園型ワークスペース「Amazon Spheres」とは? - GIGAZINE

Amazonがアメリカ国内に「第2本社」を設立予定、複数の100万人都市からの立候補を受付中 - GIGAZINE

in ネットサービス,   生き物,   動画, Posted by logc_nt