×
ハードウェア

7000億円超でARシステム「Magic Leap One」の独占販売権をAT&Tが獲得、ついに市販化へ


GoogleやQualcomm、Alibabaなどから22億ドル(約2500億円)もの巨額の出資を受けて独自のARシステムを開発してきたMagic Leapが、ついにARシステム「Magic Leap One」を2018年後半に市販化することを明らかにしました。アメリカの大手通信企業AT&Tがパートナーとなって独占的に販売を手掛けるとのことで、次世代通信5Gの有力コンテンツになる可能性を感じさせます。

AT&T takes stake in AR company Magic Leap at a $6.3B valuation and exclusive distribution deal | TechCrunch
https://techcrunch.com/2018/07/11/att-takes-strategic-stake-in-ar-company-magic-leap-in-its-latest-push-into-digital-media/


名だたる企業から多額の出資を集めていたMagic Leapですが、製品に関する情報をほとんど出さないため、製品が実現するのかを危ぶむ声も出されていました。そんな中、2017年12月についにARシステム「Magic Leap One」が発表され、2018年内に開発者向けのキットを提供する予定であることも伝えられていました。

ディスプレイが過去のものに、空間コンピューティングを可能にする「Magic Leap」が2018年に出荷開始 - GIGAZINE


Magic Leap Oneは、コンピューティングユニット「Lightpack」、ゴーグル型のARヘッドセット「Lightwear」、コントローラーで構成されます。


利用スタイルはこんな感じ。現実空間にバーチャルな物体を表示させる「空間コンピューティング(Spatial Computing)」によって、従来のディスプレイを前提とするものとはまったく違うコンピューティングを実現するという触れ込みです。


2017年12月時点では開発者向けキットを2018年内にリリース予定だと告知されていましたが、AT&TがMagic Leapと提携して開発者向けキット「Magic Leap One Creator Edition」を2018年後半にリリース予定であることを発表しました。

The Future of Spatial Computing Expands with AT&T and Magic Leap Relationship
http://about.att.com/story/magic_leap_one.html


AT&Tは、Magic Leap Oneについてアトランタ、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコのAT&T店舗で消費者向けにデモを行うことや、キャリアとして独占販売することも明らかにしました。なお、AT&Tの独占販売権は63億ドル(約7100億円)という巨額です。

そして、AT&Tのアナウンス直後に、Magic LeapはTwitch上でライブ中継を行い、Magic Leap Oneのスペックの一部を公開し、デモを行いました。ライブ中継の様子は、以下のムービーで確認できます。

Magic Leap Live | Ep. 003: A Closer Look At Magic Leap One - YouTube


ソファに座った座談会スタイルでMagic Leap Oneについての情報が出されました。画面右の開発責任者のアラン・キンボール氏は、Magic Leap Oneに搭載するSoCがNVIDIAの「Tegra X2」と公表。CPU以上に大切なGPU性能からTegra X2が採用されていることを明らかにしています。


Lightwearを装着するグレーム・デバイン氏。なお、デバイン氏はコンテンツをAR(拡張現実)ではなく「Mixed Reality(MR:複合現実)」と、Microsoftと同じ呼び方をしています。


また、すでに公開していたSDKのデモも行いました。カーペットの上にピンを置いて……


次に、ソファーへ移動。空間で指をつまむようにしてバーチャルな物体を移動させられます。


カーペットに現れたポリゴン調のゴーレム。なかなかかわいい動きです。


ゴーレムが石を投げてきました。


ソファの上で荒ぶるゴーレム。


近づいて、手ではじくと……


バラバラに砕け散りました。


いよいよリリースの時期が近づくMagic Leap Oneですが、AT&Tは「次世代通信5G時代でのリーダーシップのための提携」とMagic Leapとのパートナーシップを説明しており、5Gの高速通信を使った通信サービスとコンテンツの登場を予感させます。まだまだ謎に包まれたMagic Leap Oneですが、AT&Tが7000億円以上の巨額を投じて販売独占権を獲得していることから、「新世代コンピューティング」の潜在能力に期待せざるを得ません。

なお、Magic Leapのロニー・アボヴィッツCEOは、今週中に別の「クールな製品」が登場すると予告しています。

・関連記事
Googleやアリババから出資を集めまくった企業「Magic Leap」が開発中の製品に関するムービーを公開、未来の世界からディスプレイがなくなる可能性 - GIGAZINE

Appleが完全新開発の「ARヘッドセット」を開発中と報じられる - GIGAZINE

Googleが新しくARヘッドセットを開発中と報じられる - GIGAZINE

2万円以下の低価格&高性能ARヘッドセット用プラットフォーム「Project North Star」をLeap Motionが発表 - GIGAZINE

Hololensで目の前に本物のようなコックピットが広がる複合現実訓練装置をエアバスとJALが共同開発 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logv_to