×
試食

モスでリクエストNo.1に輝き4年ぶりの復活をとげた「ナンタコス」と「ナンカレードッグ」を味わってみた


モスバーガーでメニューから姿を消していた人気商品の「ナンタコス」と「ナンカレードッグ」が要望に応えて2018年7月12日(木)から4年ぶりの復活を果たして期間限定で登場しています。「復活商品」要望ランキングで1位に輝いたという、スパイスを効かせたタコスミート(牛挽肉)の「ナンタコス」と、ソーセージと濃厚なカレーソースを使った「ナンカレードッグ」、そして同日に登場したドリンク2品とともに味わってきました。

ナンタコス/ナンカレードッグ | モスバーガー公式サイト
http://mos.jp/cp/naan/

夏にぴったりのインドの定番ドリンクをモス流にアレンジ「ラッシーシールド乳酸菌®入り」新発売~「ハニーレモンジンジャーエール瀬戸内産レモン果汁0.8%使用」も復活~
(PDFファイル)http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_180703_2.pdf

モスバーガーに到着。


お店の前には「ナンという旨さだ!」というフレーズで「ナン」シリーズの登場を知らせる垂れ幕があります。今回は「ナンタコス」と「ナンカレードッグ」、ドリンクの「ラッシー シールド乳酸菌入り」と「ハニーレモンジンジャーエール」を注文します


注文してから7分ほどで、左から「ナンタコス」「ナンカレードッグ」「ハニーレモンジンジャーエール」「ラッシー シールド乳酸菌入り」が到着。


「ナン」シリーズ
「ナンタコス」と「ナンカレードッグ」はモスバーガーの「ナン」シリーズにあたる商品。このシリーズはインドや中近東でよく食べられている平たいパン「ナン」を使ったもの。


「ナン」シリーズのサイズは交通系ICカード(長辺85mm)の2倍を超えるぐらい。


モスバーガーのナンは、モスオリジナルの配合と、約400度の高温で焼き上げることで、外側はカリッと、内側はモチッとしたやわらかな食感の生地に仕上げているとのこと。


・ナンタコス
「ナンタコス」(税込430円)はナンの上にタコスの具材をのせたモスオリジナルの商品。


ナンの上にはタコスミート・レタス・トマト・トルティーヤをたっぷりとのせて、その上から黄色のチェダーソースがかけられています。


タコスミートは甘辛い味付け。ナンの生地はもっちりとしていてシンプルな味なので、タコスミートと相性がバッチリ。タコスミートはスパイスが香りますが辛さは飲み物が必要ではないぐらいのレベル。シャキシャキのレタスなどのみずみずしい野菜でサッパリと食べられ、サクサクのトルティーヤもあわさって食感と味のバリエーションが豊かに仕上がっています。


・ナンカレードッグ
「ナンカレードッグ」(税込420円)はナンにソーセージをのせて、その上からカレーソースをかけて、オニオンスライスをトッピングとしてのせた品。ちなみに、「ナンカレードッグ」は復活商品の要望ランキングで5位に挙がっていました。


ソーセージは天然羊腸を使ったもの。カレーソースは、合挽肉とじっくりと炒めた玉ねぎに、濃縮リンゴ果汁とマンゴーチャツネを加えたものとなっています。


天然羊腸を使ったソーセージはパリッとした食感でジューシー。濃厚なカレーソースは濃縮リンゴ果汁のおかけか、食べはじめこそ甘く感じますが、次第にスパイスの香りと辛さが増してきます。甘味があるカレーソースなので飲み物が必要ではないレベルですが、ナンタコスのタコスミートよりピリっとスパイスが効いているので、辛いものが苦手な人は飲み物を用意するのがオススメ。濃厚なカレーソースとジューシーなソーセージは、シンプルな味付けのナンにピッタリでした。なお、ナンカレードッグにさらなる辛さを求める人には、ハラペーニョ(青唐辛子)を追加した「スパイシーナンカレードッグ」(税込450円)も用意されています。


ラッシー シールド乳酸菌入り
「ラッシー シールド乳酸菌入り」(Sサイズ:税込230円)は「ナン」シリーズ復活と同時に新登場したドリンク。ヨーグルトで作られたインドの定番ドリンクであるラッシーをモス流にアレンジしたものです。


このラッシーには「健康をサポートする働き」があるという「シールド乳酸菌」が含まれているとのこと。


飲んでみると冷たくてサッパリとしていながら深い甘さのあるラッシー。ラッシーでよく感じる乳酸菌系の香りや酸味は控えめで飲みやすく、練乳のような甘味があるので飲みやすいラッシーに仕上がっています。


ハニーレモンジンジャーエール 瀬戸内産レモン果汁 0.8%使用
「ハニーレモンジンジャーエール 瀬戸内産レモン果汁 0.8%使用」(Sサイズ:税込230円)は「ナン」シリーズの復活に伴って2017年から復活したドリンク。


瀬戸内産のレモン果汁を使用したシロップに、はちみつやジンジャーエールなどをあわせたオリジナルの炭酸ドリンクです。


シロップが底に溜まっているのでかき混ぜて飲みます。ハニーレモンジンジャーエールはレモンと生姜が効いている爽やかな炭酸ドリンク。国産レモンを皮までまるごと使用したというシロップはスッキリとした甘さ。炭酸の刺激が心地良く、レモンと生姜が爽やかに香るサッパリとした炭酸ドリンクに仕上がっていました。


「ナンタコス」と「ナンカレードッグ」、「ラッシー シールド乳酸菌入り」そして「ハニーレモンジンジャーエール 瀬戸内産レモン果汁 0.8%使用」は2018年9月中旬までの期間限定商品となっています。

・関連記事
モスバーガーの「MOS」とは何の略か? - GIGAZINE

濃厚チョコがひんやり滑らかに口の中でとろける「モスバーガー ひんやりドルチェ なめらかショコラ」を味わってみた - GIGAZINE

柿の種でモスバーガーの味を再現した「亀田の柿の種 テリヤキバーガー風味」を食べてみた - GIGAZINE

まさに「かぶりつける天丼」な「モスライスバーガー海老の天ぷら」など天麩羅モス全2種類を食べてみた - GIGAZINE

巨大なマッシュルームの存在感「ベジタブルバーガーマッシュルーム&ビーンズ」試食レビュー - GIGAZINE

モスバーガーで「淡路島のこだわり農家さんがつくった たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立て」など全3種類を食べてみた - GIGAZINE

肉なしでマクドナルドのハンバーガーを作ったらこうなった、という「Spicy Double Decker Veg」レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log