×
試食

ぷるぷるなマンゴーミルクプディングが入ったスタバのチルドカップ「マンゴーディライト WITH マンゴーミルクプディング」を味わってみた


スターバックスの「チルドカップ」シリーズに、デザート感覚で飲めるドリンクとして、ミルクにマンゴーの味をプラスした「スターバックス マンゴーディライト WITH マンゴーミルクプディング」が2018年7月10日(火)から期間限定登場しています。マンゴーを使い夏らしいフレーバーに仕上げているだけでなく、マンゴーミルクプディングを加えることで、マンゴーの味わいとなめらかな食感を堪能できるというドリンクを飲んでみました。

スターバックス チルドカップ「マンゴーディライト WITH マンゴーミルクプディング」新発売― マンゴーとミルクのハーモニーに、マンゴーミルクプディングの食感も楽しめるデザート飲料|プレスリリース(2018/06/26) | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2018-2745.php

これが「スターバックス マンゴーディライト WITH マンゴーミルクプディング」(税別219円)。スターバックスの店舗でフラペチーノの定番フレーバーとしても人気の高いというマンゴーを使ったドリンク。カップにはフラペチーノを連想させるドーム型のオーバーキャップが採用されています。


ドリンクの種類は「乳飲料」。内容量は180ml。原材料は生乳(50%未満)・乳製品・砂糖・マンゴー果汁などが並んでいます。なお、マンゴー果汁は内容量に対して2%含まれています。


1本あたりのエネルギーは137kcal。


カップには「プディングが入っているため、よく振ってからお飲みください。」という注意書きがあります。


上下左右合わせて30回ほどよく振ってみます。


カップを開けると内ブタがあり……


カップの中身はこんな感じ。白いミルクの中に、オレンジ色のマンゴーミルクプディングが含まれているのが確認できます。


飲んでみると、クリーミーなミルクとマンゴーの豊かな香りが堪能できるドリンク。ストローからマンゴーミルクプディングのぷるぷるな食感も楽しめます。ミルクにマンゴーの香りがはっきりと付けられています。ドリンク自体にはフラペチーノのように濃厚な甘さはなくて控えめ。プディングには味はあまり付けられていないので、ぷるんとした食感のみをプラスしています。ミルクの中にマンゴーの風味が控えめに含まれているので、甘いフルーツやお菓子と一緒に合いそうと感じました。


「スターバックス マンゴーディライト WITH マンゴーミルクプディング」は全国のコンビニエンスストアで購入可能な商品となっています。

・関連記事
スタバが商品を購入していなくても座席やトイレを利用できるようにすると発表 - GIGAZINE

スターバックスがクラウドファンディングで製品化された「温度コントロールマグ」を公式ストアで販売開始 - GIGAZINE

スタバがアプリから購入した商品を自宅まで届けてくれる新サービスを開始 - GIGAZINE

スターバックスを一生出入禁止にされてしまった男 - GIGAZINE

スタバのWi-Fiに接続したノートPCが勝手に仮想通貨のマイニングに参加させられていた - GIGAZINE

「スターバックスコーヒーのロゴはどうやってデザインされてきたのか」がよく分かるムービー - GIGAZINE

マンゴー果汁を使用した紅茶なのかラッシーなのか悩ましい「午後の紅茶 マンゴーラッシーティー」を飲んでみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log