×
ネットサービス

YouTubeに同じ動画が投稿されたことをクリエイターに通知する「Copyright Match Tool」が登場


YouTubeがクリエイター向けの新機能として、過去にYouTubeに投稿されたムービーと同じものが別のユーザーにアップロードされたとき、「ムービーがコピーされた」ことを元の投稿者に通知する「Copyright Match Tool」を追加すると発表しました。

YouTube Creator Blog: Helping creators protect their content
https://youtube-creators.googleblog.com/2018/07/helping-creators-protect-their-content.html

YouTube creators will now be informed when their videos have been re-uploaded to the service - Neowin
https://www.neowin.net/news/youtube-creators-will-now-be-informed-when-their-videos-have-been-re-uploaded-to-the-service

Copyright Match Toolは、YouTubeにムービーがアップロードされたときに自動実行されるツールです。誰かがムービーをYouTubeにアップロードすると、過去にYouTubeに投稿されたムービーと一致するものがないかという検索が開始。該当するムービーを発見すると、YouTubeは元のムービー投稿者に「動画がコピーされた」ことを通知します。

通知を受けた投稿者は、該当するムービーの削除を申請可能なほか、問題のムービーをアップロードしたユーザーとコンタクトを取ることも可能。これらの措置は問題のムービーの投稿を確認後、即座に行うことが可能ですが、コピー動画の投稿者自らが問題行為を是正するために7日間の猶予を与えることも可能であるとしています。


YouTubeによると、Copyright Match Toolは2018年7月15日の週から利用可能になる予定で、最初は10万人以上のクリエイター向けに公開し、その後数カ月かけて利用できるユーザーを段階的に増やしていくとのことです。

YouTubeはクリエイターがお金を稼ぐのを手助けする機能として「Channel Memberships」「Merchandise」「Introducing Premieres」機能も発表しています。詳細は以下の記事から確認することができます。

YouTubeが動画クリエイター向けの稼げる新機能「Channel Memberships」「Merchandise」「Introducing Premieres」を発表 - GIGAZINE


・関連記事
YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更 - GIGAZINE

YouTubeが小規模クリエイターの収益化をサポートする新プログラムをテスト中 - GIGAZINE

YouTubeの著作権保護フィルターが公式のムービーを「著作権を侵害している」とブロックしてしまう - GIGAZINE

YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」開始へ - GIGAZINE

YouTubeが動画クリエイター向けの稼げる新機能「Channel Memberships」「Merchandise」「Introducing Premieres」を発表 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log