×
試食

ベリーが山盛りでフレンチトーストを埋め尽くすIvorishの「パンプディングベリー」と「ニューヨークバター」を食べてきた


フレンチトースト専門店のIvorishで、冬季限定メニューの「パンプディング ベリー」と「ニューヨークバター」が2018年11月1日(木)から登場したということなので、食べに行ってきました。

冬限定の新メニュー登場のお知らせ<2018年11月1日(木)~2019年1月15日(火)> | フレンチトースト専門店Ivorish(アイボリッシュ)
https://ivorish.com/news.php

Ivorishに到着


今回注文する新メニューはこの「パンプディング ベリー」(1600円+税)と「ニューヨークバター」(レギュラー・1500円+税)。


「パンプディング ベリー」はフライパンのような器が使われていますが、熱々メニューというわけではありません。


いちご、ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーなどベリー類がふんだんに盛られています。


ベリー類以外ではバナナを確認。


ベリーに埋め尽くされているのはチーズプディングをからめたフレンチトースト。全体的に、どうスプーンを入れてもベリーが入ってきて、とても爽やかな香りとともに口中に甘みと酸味を運んでくれます。もったりとしたバナナの重い甘さが酸味を引き立て、むちっとしたフレンチトーストとよく合います。これはベリー類が好きならぜひ食べたい品。


一方、「ニューヨークバター」はまったく趣が異なる品。


全体的にはキャラメルの甘い香りがしています。


パンにはコーンフレークをまとわせてあるので、ザクザクとした心地良い歯ごたえが特徴的。その間には発酵バターとバナナをサンドしてあって、甘みと豊かな風味が鼻腔へと広がっていきます。コーンフレークをまとわせたことによる食感追加がお見事の一言です。

・関連記事
カボチャがたっぷり濃厚なIvorishの期間限定スイーツ「パンプキン」を食べてきた - GIGAZINE

クッキーで専門店のフレンチトーストを再現したIvorish「フレンチトーストクッキー」を食べてみた - GIGAZINE

三段フレンチトーストからソースの絡んだイチゴがあふれ出すIVORISHの「プレミアムフリットー ストロベリー」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt