試食

マクドナルドの人気No.1が刺激的な「ヒーヒーダブチ」「ヒーヒーてりやき」にパワーアップしたので食べてきた


2017年実施のマクドナルド総選挙でNo.1に輝いた「ダブルチーズバーガー」と、2017年に売上金額1位だった「てりやきマックバーガー」にスパイシーなソースを加えたホットテイストの「スパイシーダブルチーズバーガー(ヒーヒーダブチ)」と「スパイシーてりやきマックバーガー(ヒーヒーてりやき)」が2018年1月16日(水)に期間限定で登場しました。定番の人気メニューに刺激的な味わいが加わるとどんな味なのか気になったので、実際に食べに行ってみました。

“人気No.1「ダブチ」”と“売上No.1「てりやき」”の真剣勝負!No.1はあなたが決める! 期間限定1/16(水)スタート ヒーヒーダブチvsヒーヒーてりやき
http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/1226a/


マックフライポテトとコカ・コーラが心ゆくまで楽しめる!「グランドフライ」「グランドコーク®」― いつものセットに+100円でグランドサイズにアップも! ―
http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2019/0111a/


マクドナルドにやってきました。


2019年1月4日からスタートしている「チーチーダブチ」「チーチーてりやき」と共に、「ヒーヒーダブチ」と「ヒーヒーてりやき」も店頭でアピールされていました。


注文して5分ほどで到着。左がヒーヒーてりやきで、右がヒーヒーダブチです。


ヒーヒーてりやきはこんな感じ。てりやきのタレが塗られたパティの下から、赤いソースがはみ出しているのが見えます。


レギュラーメニューのてりやきマックバーガー(右)と並べてみても、サイズは特に変化なし。


パティの下にはオレンジ色のスパイシーソースがたっぷりとはさまれていました。


さっそくかぶりついてみると、最初は濃厚なてりやきソースの甘辛い味が口いっぱいに広がり、「それほど辛くないな」と思っていたのですが、後からピリピリッと舌を刺激するような辛さがやってきます。食べる前はてりやきソースの甘みでスパイシーソースの辛さがマイルドになるかと思っていたのですが、実際に食べてみると逆に刺激が引き立つ印象で、「辛いものが苦手な人だと少し厳しいものがあるかも」という意見もありました。


今度はヒーヒーダブチを食べてみます。パティから赤いスパイシーソースがはみ出ています。


レギュラーのダブルチーズバーガー(右)とはサイズはほとんど変わりません。


バーガーをめくってみると、2枚目のパティの下にスパイシーソースが塗られていました。


さっそく食べてみると、確かにチーズと肉とケチャップの濃厚な味の奥にぴりっとした辛みが感じられます。ただし、パティが2枚ある上にチーズもたっぷりとはさまれていることもあって、ヒーヒーてりやきよりも辛さはかなり抑えられているように感じました。いつものダブルチーズバーガーでは物足りず刺激が足りないと思う人にはアリかも。


また、通常のMサイズよりも2倍近いサイズになった「グランドフライ」と「グランドコーク」も同時に提供されています。グランドフライもグランドコークも片手だと少し持ちづらく感じるほどの大きさで、長辺150.9mmのiPhone XRと並べてみると、そのサイズがよくわかります。


スパイシーダブルチーズバーガーとスパイシーてりやきマックバーガーは単品で税込390円、バリューセットで税込690円で、2019年1月16日(水)から1月下旬までマクドナルドの全国店舗で提供されます。また、グランドフライは単品で税込370円、グランドコークは単品で税込290円、グランドフライとグランドコークがセットになったグランドセットはMセットに+100円で、2019年1月16日から2月上旬まで注文が可能です。

・関連記事
マクドナルドの人気No.1「ダブチ」に売上No.1「てりやき」が濃厚ダブルチーズで挑む「チーズチーズてりやきマックバーガー」を食べてきた - GIGAZINE

「マクドナルドは肉なしのハンバーガーに注目している」と幹部の発言から明らかに - GIGAZINE

近くのファストフード店を距離も含めて一覧表示しワンタップでナビに切り替えられる「ファストフード検索」 - GIGAZINE

マクドナルドが「ドナルドは『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』に参戦しない」とネット上のウワサを否定 - GIGAZINE

マクドナルドが「コイン1枚でビッグマック1個と交換可能」な通貨「MacCoin」の配布を発表 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk