動画

ナチスが2万人のニューヨーカーを熱狂させた1939年の映像を使った反ナチスCMが「ふさわしくない」として排除される


アメリカでナチスの支持者たちが参加した1939年の集会に焦点を当てたドキュメンタリーのCMが、FOXニュースに排除されたとして話題となっています。「It Can Happen Here(ここでも起こりうる)」というメッセージを発信するドキュメンタリーはニュースの合間に流されるはずでしたが、「ふさわしくない」と判断されたとのことです。

Fox News Rejects National Ad for Oscar-Nominated Anti-Nazi Documentary (Exclusive) | Hollywood Reporter
https://www.hollywoodreporter.com/news/fox-news-rejects-national-ad-oscar-nominated-anti-nazi-documentary-1186379

Ad Warning Of Nazi Fascism Deemed 'Not Appropriate' By Fox News : Gothamist
http://gothamist.com/2019/02/14/fox_rejects_anti_nazi_ad.php

Fox News Turns Down Ad That Contained Nazi Imagery – Variety
https://variety.com/2019/tv/news/fox-news-advertising-nazi-imagery-1203139392/

FOXニュースに排除された30秒のCMは以下から見ることができます。

A Night at The Garden: “It Can Happen Here” (Broadcast Spot) on Vimeo


1939年、ニューヨーク。


スポーツアリーナでありエンターテイメント会場として使われるマディソン・スクエア・ガーデンが映し出されます。


壇上にはナチスの党員


会場を埋め尽くす人々はみな右手を上げて敬礼しています。


ナチスの党章と……


アメリカ国旗が1つの場に並んでいます。


敬礼する人々の真剣なまなざし


壇上で何か騒動が起こっている様子。


「ここで起こり得ること」というメッセージでムービーは締めくくられます。


上記のCMは2017年に公開された短編ドキュメンタリー映画「A Night at the Garden」を切り取ったもの。A Night at the Gardenは第二次世界大戦が勃発する直前に撮影されたものであり、サンダンス映画祭で上映されたほか、アカデミー短編ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされました。

CMは当初、数々の陰謀論を展開し、トランプ大統領を過度に支持する姿勢が保守派や専門家からも非難されたトークショー司会者のショーン・ハニティー氏の番組中にローカルで流される予定でした。しかし、トランプ大統領の集会のニュースが番組で放映されることが決まるとCMは排除されることに。そこで映画配給会社のField of Visionは全国版のCM枠の購入を決意しますが、申し出は放送局に拒否されたといいます。FOXニュースのCEOであるSuzanne Scott氏はCMについて「私たちの放送に合わない」と語っているとのこと。

FOXニュースのようなケーブルネットワークでは、地元のテレビ局が購入した広告を監査することはありませんが、全国放送される広告については拒否することがあります。2017年8月にCNNはトランプ大統領のキャンペーンCMを「いくつかのネットワークのニュース司会者を『敵』として描いている」という理由で拒否しました。


A Night at the Gardenを監督したマーシャル・カーリー氏は「この映画は、何千というアメリカ人が、愛国心の象徴を利用して出版者やマイノリティーを攻撃した扇動政治家にとりこになった時代に光を当てています」「ハニティー氏の番組の視聴者をこのようなアメリカの歴史にさらさないために、FOXニュースのCEOが小さな広告枠の購入に介入したのは驚きです」と語っています。

なお、A Night at the Gardenは全編が以下で無料公開されています。

Field of Vision - A Night at the Garden on Vimeo


1939年2月20日、マディソン・スクエア・ガーデンの周囲には長蛇の列ができています。


押し合う人々


馬に乗った警察官が取り締まりを行っています。


人々は両手を上げ、興奮気味であることが読み取れます。


会場は人で埋まっており……


みんな右手を上げて敬礼。


会場全体の様子。


壇上に党員が上り話し始めます。


アメリカを作りあげた人々に再び力を取り戻すこと、白人のキリスト教徒がアメリカを統治すること、ユダヤ人やモスクワの人々が支配する労働組合から自由になること、などが語られていくと拍手がわきますが……


その瞬間、物音が響きます。


壇上に誰かが上ってきたらしく、慌てた党員たちが駆け寄ります。


捕まっているのは一人の男性。


暴れる男性は腕力で無理やり押さえつけられ……


その場から引きずりだされます。


警察も介入し、外へと連れていかれる男性。


その様子を見た登壇者は少し笑っているようにも見えました。


集会が行われた1939年2月20日、ヒトラーはヨーロッパで6つの強制収容所の建設を終えていました。集会から7カ月後にはナチスはポーランドに侵攻し、第二次世界大戦の引き金を引きました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2018年はここ100年で2回しかないくらいまれな「平和な年」だった - GIGAZINE

独裁者たちの最期、カダフィらはどのように生きて終わりを迎えたか - GIGAZINE

89歳の「ナチスばあちゃん」がホロコースト否認で禁錮2年を言い渡されて行方をくらますも逮捕される - GIGAZINE

ナチスと戦い法に背いてズボンを履いた伝説的女優マレーネ・ディートリヒの物語 - GIGAZINE

民主主義の弱点は「共通の政治的知識への攻撃」であるという指摘 - GIGAZINE

世界の政治家・公務員がどのくらい汚職しているかを可視化するとこんな感じ - GIGAZINE

第2次世界大戦の時期に台頭したファシズムや独裁主義に科学者はデータ駆動型の分析で戦った - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.