ネットサービス

無料で読める140万冊の本をインターネットアーカイブが公開


インターネット上のあらゆる情報を記録・保存する「インターネットアーカイブ」が2020年3月24日に、無料で140万冊のデジタル書籍を読める「National Emergency Library」(国立緊急図書館)をオープンさせました。140万冊の中には著作権者が存在しない本もありますが、「ハリー・ポッター」シリーズなど出版中の作品も含まれており、ユーザーは一度に最大10冊までを、自由に借りて読むことができます。

Announcing a National Emergency Library to Provide Digitized Books to Students and the Public | Internet Archive Blogs
https://blog.archive.org/2020/03/24/announcing-a-national-emergency-library-to-provide-digitized-books-to-students-and-the-public/

Internet Archive offers 1.4 million copyrighted books for free online | Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2020/03/internet-archive-offers-thousands-of-copyrighted-books-for-free-online/

国立緊急図書館へは以下からアクセスできます。

National Emergency Library : Free Texts : Free Download, Borrow and Streaming : Internet Archive
https://archive.org/details/nationalemergencylibrary

以下が国立緊急図書館のトップページ。


画面左側では本の出版日やカテゴリを指定できるほか……


本を所蔵する施設、作者、言語なども指定可能。


出版日は1925年から2019年までが指定できます。2017年から2019年までの本の数は少なめですが、2000年代の本も数十万冊単位で存在しました。2000年から2019年までにチェックを入れて「Apply your filters」をクリック。


するとこんな感じで本の表紙とタイトルが表示されます。このままだとジャンルがバラバラなので……


さらに「Fiction」(フィクション)に指定して「Apply your filters」をクリック。


すると児童書を中心にさまざまな国のフィクション作品が表示されました。日本語の本としては浅田次郎の「鉄道員」や……


ハリー・ポッターと秘密の部屋」が並んでいました。


日本語書籍は2594冊収蔵されています。指定してみると……


こんな感じで表示されました。ディケンズの「大いなる遺産」をクリックしてみます。


サインインをしない状態だとプレビューのみが読める状態ですが、サインインを完了すれば、本全体が無料かつオンラインで読めるようになるわけです。


インターネットアーカイブは過去10年にわたって、物理的な本のデジタルスキャンの貸出プログラムを行ってきましたが、このオープンライブラリで読者が一度に借りれる本の数は限られており、一定の期間をすぎると本を「返却」する必要がありました。現実の図書館と同様に本が出払うこともあり、人気の本を借りる為には「待機リスト」に参加する必要があったとのこと。

しかし、新たにオープンした国立緊急図書館では140万冊の本に対して、待機リストが停止され、学生などが一度に最大10冊まで、自由に本を読めるようにしています。非常事態宣言の出されたアメリカでは外出できない人が多く、学習の機会を奪われている人も存在します。「物理的に図書館にアクセスできない人でも、自分や周囲の人を危険にさらすことなく、読書を続け、自分を成長させることができます」とインターネットアーカイブはブログにつづりました。


140万冊の中には絶版本や著作権者が不在の作品もありますが、2020年現在出版中の「ハリー・ポッター」シリーズや、ロード・オブ・ザ・リング三部作も含まれます。デジタル図書館の本の法的根拠は明確ではありませんが、著作権侵害の主張に対する抗弁事由の1つである「フェアユース」が適用されると考えられています。なお、国立緊急図書館について述べたインターネットアーカイブのブログでは、著作権については言及されていません。

24日に国立緊急図書館がオープンしてから、既に新しいユーザー2万人が登録が行い、1日に1万5000~2万冊の本が貸し出されているとのこと。

インターネットアーカイブは、この措置をひとまず6月30日まで続けるとしていますが、アメリカの非常事態宣言が解除されるまで続ける意向を示しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルス対策で遊びに行けない人のための無料&アプリも会員登録も不要ですぐ読めるマンガまとめ - GIGAZINE

無料&オンラインで収蔵品を鑑賞できる超著名な海外美術館・博物館まとめ - GIGAZINE

100以上の博物館が「無料のぬりえ」を公開、眺めるだけでも「過去の時代」を感じられる作品多数 - GIGAZINE

猫が部屋でくつろぐ映像をひたすら流し続けるストリーミングをノルウェー国営放送が開始 - GIGAZINE

子犬が閉館になった水族館を探検するムービーがかわいすぎ - GIGAZINE

無料&オープンソースで食料の在庫から家事分担まで家庭のことがすべて管理できる本格的なERPシステム「grocy」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.