ネットサービス

YouTubeが「広告非表示」のみに絞った安価な有料プラン「Premium Lite」をテスト中


YouTubeは広告非表示・バックグラウンド再生・オフラインでの一時保存といった機能が利用可能になる有料サブスクリプションサービスを提供していますが、新たに一部地域で、「動画での広告非表示」のみに機能を絞った安価な有料サブスクリプションを試験運用中であることが判明しました。

So Youtube Premium Lite (ad-free sub) is a thing now (in select countries?) | ResetEra
https://www.resetera.com/threads/so-youtube-premium-lite-ad-free-sub-is-a-thing-now-in-select-countries.465198/

YouTube ‘Premium Lite’ subscription offers ad-free viewing for less - The Verge
https://www.theverge.com/2021/8/2/22605455/youtube-premium-lite-pilot-benelux-nordics-experiment-ad-free-subscription

YouTubeには有料サブスクリプションサービスである「YouTube Music Premium」や「YouTube Premium」が存在します。いずれも、音楽や動画が広告なしで再生できるほか、モバイルデバイスに一時保存してオフラインで再生したり、バックグラウンド再生したりすることが可能。またYouTube PremiumはYouTube Music Premiumのサービス内容に加え、YouTube Originalのシリーズや映画が視聴できるようになっています。日本での料金はYouTube Music Premiumが月額980円で、YouTube Premiumが月額1180円です。

新たに判明したのは、YouTubeが広告なしで動画を視聴できる「Premium Lite」を試験運用しているということ。Premium Liteはベルギー、デンマーク、フィンランド、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウェー、スウェーデンといった国々でテストされており、料金は月額6.99ユーロ(約900円)ほど。なお、ヨーロッパにおいてYouTube Premiumは月額11.99ユーロ(約1560円)で提供されています。

Premium Liteはウェブ、iOSアプリ、Androidアプリ、スマートTV、ゲームコンソールなどにおいてYouTubeの動画が広告なしで視聴できるようにするもの。ただし、広告なしで音楽が再生できる機能や、オフラインでの一時保存、バックグラウンド再生といったYouTube Premiumに含まれる他の機能が含まれていません。


YouTubeの利用がもっぱら動画視聴だけである人にとっては十分とも言えるPremium Liteですが、海外ニュースメディアのThe Vergeは「料金はYouTube Premiumの60%だが、機能は4分の1しか提供されない」という点を指摘しています。ただし、YouTubeによると、Premium Liteはテスト段階であり、今後ユーザーのフィードバックによって内容が変更されたり別のプランが展開されたりする可能性もあるとのこと。なお、記事作成時点でPremium Liteに当たる新プランが日本で展開されるのかどうかは不明となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
YouTubeが「2017年1月1日以前にアップロードされた限定公開動画を非公開にする」措置を発表 - GIGAZINE

ある日突然理由もなくYouTubeに投稿できなくなることがあるという事例 - GIGAZINE

YouTubeが新たな投げ銭システム「スーパーサンクス」を発表、YouTuberの新たな収益に - GIGAZINE

YouTubeが動画変換のために独自開発したチップ「Argos」とは? - GIGAZINE

YouTubeがおすすめ動画としてポリシーに違反するコンテンツを表示していることが判明 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.