メモ

AppleやGoogleの独占を厳しく取り締まる法案が検討中、Appleは「何百万人もの人がマルウェア攻撃を受けることになる」と警告

by GDS-Productions

Google・Apple・Amazon・Facebookといったビッグ・テックは「市場を独占し健全な企業の競争を妨げている」という疑いから、独占禁止法違反で訴えを起こされています。同時に、既存の法律では規制が難しいとしてアメリカでは新しい独占禁止法法案も検討されており、この法案に対してAppleが「プライバシーとセキュリティ侵害のリスクで消費者を危険にさらす」と警告しています。

Apple says antitrust bills increase risk of iPhone security breaches
https://www.cnbc.com/2022/01/18/apple-says-antitrust-bills-increase-risk-of-iphone-security-breaches.html

アメリカでは企業の独占を規制するための新しい法案として「American Innovation and Choice Online Act(アメリカのイノベーションと選択のためのオンライン法)」と「Open App Markets Act(オープンアプリ市場法)」が検討されています。


まずAmerican Innovation and Choice Online Actは、「自社製品をライバル企業の製品よりも優遇する支配的なプラットフォーム」を規制するもの。AmazonやGoogleはかねてからプラットフォームにおいて自社製品を優遇していることが問題視されており、このような慣行の取り締まりを目的としています。

Googleの検索結果上位は「Googleが所有するウェブサイト」に占められているとの指摘 - GIGAZINE


Amazonが自社ブランドの商品を他社製品より目立つ位置に表示させているという指摘 - GIGAZINE


また、Open App Markets Actも同様に企業が自社製品をプラットフォーム上で優遇することを取り締まるものですが、特に「アプリストア」に焦点を当てた内容となっています。AppleはiOSアプリの決済をApple公式の方法に限定し高い手数料を取ってきたことで非難されてきました。新しい法律は、開発者がアプリ内支払いを利用するか他の決済方法を採用するかを選べるようにすることを含みます。

AppleはApp Storeで他社のアプリを扱っているため、上記2つの法律、特にOpen App Markets Actの影響を強く受けると考えられています。

例えば法案は、Appleに対し「アプリのサイドローディングを可能にすること」を求める可能性があります。これに対してAppleの外交担当シニアディレクターであるTimothy Powderly氏は、サイドローディングが可能になることで、開発者がAppleのプライバシーポリシーを無視し、詐欺師から攻撃を受ける扉を開くことになると指摘。「もしAppleがサイドローディングを可能にすることを強いられたら、何百万人ものアメリカ人が、本当は止められただろうマルウェア攻撃を受けることになります」とPowderly氏はアメリカ上院司法委員会に宛てた書簡につづったとのこと。

一方、上院議員のAmy Klobuchar氏は「この法案は、Appleに対して『スクリーニングされていないアプリをAppleデバイスにインストールすること』を強制するものではありません」「サイドローディングに関するAppleの主張は全て、『Appleが競合企業から巨額の手数料を請求するためにアプリストアの独占を維持するための試み』です。はっきりとさせておきしょう。この数兆ドル(数百兆円)規模の企業は、競争を可能にすることで、消費者により多くの選択肢を提供しながらプライバシーとセキュリティを保護する能力を備えています。この法律には、全てのプラットフォームがユーザーのプライバシーとセキュリティを保護するための強力な規定が含まれています」と述べました。

なお、Googleの最高法務責任者であるKent Walker氏も新しい法律によって消費者のセキュリティとプライバシーが損なわれることを指摘しています。またWalker氏は同時に「アメリカのイノベーションを不利にし、国家安全保障を脅かす」というリスクについても言及しました。

The harmful consequences of Congress’s anti-tech bills
https://blog.google/outreach-initiatives/public-policy/the-harmful-consequences-of-congresss-anti-tech-bills/


一方で、The American Innovation and Choice Online Actについては、DuckDuckGo、Proton Technologies、Yelpといった数十の企業が法案を支持する書簡に署名しています。

RE: S. 2992, The American Innovation and Choice Online Act | by We Support Senate Bill 2992 | Jan, 2022 | Medium
https://wesupportsb2992.medium.com/re-s-2992-the-american-innovation-and-choice-online-act-f49cc61abd87

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleはプライバシー強化で自社の広告サービスをブーストすることができる - GIGAZINE

GoogleやAmazonなどビッグ・テックはそれぞれの分野でどんな関係にあるのか? - GIGAZINE

Appleのプライバシーポリシー変更が想定とは真逆の「コンテンツの要塞」を作り出す - GIGAZINE

Appleは「セキュリティとプライバシー」を理由にして競争を妨害すべきではないとECが警告 - GIGAZINE

Googleは独禁法に違反しているのか?という問題の本質を詳細に解説するとこうなる - GIGAZINE

Appleは独占禁止法違反の指摘に対し「インターネットがある限り独占とはならない」と反論 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.