メモ

「Googleへのデータ転送は違法」という判決が下りGoogleアナリティクスがEUで違法になる可能性


オーストリアのデータ保護当局であるDatenschutzbehörde(DSB)が、あるドイツの企業によるGoogleアナリティクスの使用がEU法に違反しているという判断を下しました。

Standarderledigung Bescheid - E-DSB - Google Analytics_DE_bk_0.pdf
(PDFファイル)https://noyb.eu/sites/default/files/2022-01/E-DSB%20-%20Google%20Analytics_DE_bk_0.pdf

Austrian DSB: EU-US data transfers to Google Analytics illegal
https://noyb.eu/en/austrian-dsb-eu-us-data-transfers-google-analytics-illegal

German company's use of Google Analytics 'breached GDPR' • The Register
https://www.theregister.com/2022/01/13/google_analytics_gdpr/

Google Analytics declared illegal in the EU.
https://tutanota.com/blog/posts/google-analytics/

Googleアナリティクスは、ウェブサイト上でユーザーの動きを詳しく追跡することができるGoogleのアクセス解析サービスです。2020年、Facebookがユーザーの個人データをアメリカに移動させているという点がEU一般データ保護規則(GDPR)に違反しているとして、EUからアメリカへの個人データ移転に関する欧州委員会の特例措置「プライバシー・シールド」を無効にする判決をEU司法裁判所(CJEU)が下し、FacebookやGoogleなどの企業はより実効的な制度を含む標準契約条項(SCC)に従ったデータ管理を求められるようになりました。

しかし、その後EUおよび欧州経済領域(EEA)加盟国の企業101社でSCCに反したデータの運用が行われていると指摘されるようになります。今回問題となったドイツ企業がEUおよびEEA内で初めて違法と判断されたことで、ほかの100社にも同様の判決が下されると見られています。


DSBは具体的な企業名を伏せた上で「問題のドイツ企業の運用は、アメリカの諜報機関による監視とアクセスの可能性が排除されず、GDPRに従った適切なレベルの保護が保証されていなかった。SCCはEU法を順守するのに十分ではない」という判断を下し、GoogleアナリティクスがSCCに準拠していてもGDPR違反の疑いは排除されないと論じています。

今回の判決は異議申し立てが行われる前の執行手続きのため、この段階でドイツ企業に罰則が科されることはありませんが、今後罰則が科される可能性も排除できないとのこと。この訴訟の申立人であるオーストリアの非営利団体・noybは「これまでで最大の成功の1つ」と称賛し、「1年半の間に2度もアメリカのクラウドサービスに関する判決が下されたので、法が施行されるのも時間の問題だ」と語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「たとえ無料で便利でもGoogleアナリティクスを使うべきではない」という主張 - GIGAZINE

EUのデータ保護規制は世界を支配する可能性がある - GIGAZINE

FacebookがEUのデータ保護規則「GDPR」を阻止するため世界中の政治家に根回ししていたことが内部文書流出によってダダ漏れに - GIGAZINE

「ほぼ全ての企業がEU一般データ保護規則(GDPR)を破っている」という主張 - GIGAZINE

Facebookが「ヨーロッパから撤退する可能性」を示唆、EUの個人データ転送規制を受けて - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.