ハードウェア

NVIDIA・AMD・Intelの60種類以上のGPUでベンチマークテストを行った結果が公開される


テクノロジー系ニュースを数多く取り扱うTom's Hardwareが、NVIDIA、AMD、およびIntelのGPUそれぞれでベンチマークテストを実行しました。

GPU Benchmarks Hierarchy 2022 - Graphics Card Rankings | Tom's Hardware
https://www.tomshardware.com/reviews/gpu-hierarchy,4388.html

Tom's Hardwareは「ボーダーランズ3」など8種類のゲームを用い、ゲームのグラフィック設定を標準画質および高画質に設定し、過去数世代のGPUでベンチマークテストを実施。CPUには第12世代Intel CoreプロセッサのCore i9-12900Kが用いられています。その他の構成は以下の通り。

・MSI Pro Z690-A WiFi DDR4
・Corsair 2x16GB DDR4-3600 CL16
・Crucial P5 Plus 2TB
・Cooler Master MWE 1250 V2 Gold
・Cooler Master PL360 Flux
・Cooler Master HAF500
・Windows 11 Pro 64-bit

ベンチマークテストの結果が以下。縦軸がFPSを指しており、横軸が左から順にNVIDIA「RTX 30シリーズ」、AMD「RX 6000シリーズ」、Intel「Arc」、NVIDIA「20/16シリーズ」、AMD「RX 5000シリーズ」、AMD「Vega/500シリーズ」、NVIDIA「GTX 10シリーズ」、NVIDIAのその他過去製品を指しています。ほぼすべてのGPUが1080pの標準画質(Medium)と1080pの高画質(Ultra)でテストされ、表では1080p Ultraの結果で並べられています。1440p Ultraと4K Ultraで動作するGPUに限り、そのベンチマークテストの結果も記されています。


FPSスコアが優れていたGPU上位10件が以下。トップが「Radeon RX 6950 XT」、2位が「GeForce RTX 3090 Ti」、3位が「Radeon RX 6900 XT」という結果でした。

Graphics Card1080p Ultra1080p Medium1440p Ultra4K UltraSpecifications
Radeon RX 6950 XT100.0% (137.3fps)100.0% (190.1fps)100.0% (115.4fps)100.0% (70.3fps)Navi 21, 5120 shaders, 2310MHz, 16GB [email protected], 576GB/s, 335W
GeForce RTX 3090 Ti96.5% (132.4fps)94.8% (180.1fps)98.7% (113.9fps)107.6% (75.7fps)GA102, 10752 shaders, 1860MHz, 24GB [email protected], 1008GB/s, 450W
Radeon RX 6900 XT94.5% (129.7fps)97.1% (184.6fps)91.4% (105.5fps)89.7% (63.1fps)Navi 21, 5120 shaders, 2250MHz, 16GB [email protected], 512GB/s, 300W
GeForce RTX 309092.2% (126.6fps)93.7% (178.1fps)92.3% (106.5fps)97.8% (68.8fps)GA102, 10496 shaders, 1695MHz, 24GB [email protected], 936GB/s, 350W
GeForce RTX 3080 12GB90.7% (124.5fps)93.8% (178.2fps)90.1% (104.0fps)94.3% (66.3fps)GA102, 8960 shaders, 1845MHz, 12GB [email protected], 912GB/s, 400W
Radeon RX 6800 XT90.0% (123.5fps)94.2% (179.1fps)86.5% (99.8fps)83.2% (58.5fps)Navi 21, 4608 shaders, 2250MHz, 16GB [email protected], 512GB/s, 300W
GeForce RTX 3080 Ti89.9% (123.4fps)92.0% (174.9fps)89.6% (103.4fps)94.5% (66.5fps)GA102, 10240 shaders, 1665MHz, 12GB [email protected], 912GB/s, 350W
GeForce RTX 308084.7% (116.3fps)91.2% (173.4fps)82.8% (95.5fps)86.2% (60.6fps)GA102, 8704 shaders, 1710MHz, 10GB [email protected], 760GB/s, 320W
Radeon RX 680080.7% (110.7fps)90.9% (172.7fps)75.9% (87.5fps)71.9% (50.6fps)Navi 21, 3840 shaders, 2105MHz, 16GB [email protected], 512GB/s, 250W
GeForce RTX 3070 Ti75.8% (104.1fps)85.4% (162.4fps)71.5% (82.6fps)66.6% (46.8fps)GA104, 6144 shaders, 1770MHz, 8GB [email protected], 608GB/s, 290W


Tom's Hardwareはこの結果について、「特に1080pと1440pにおいて、AMDのGPUがわずかに有利です。AMDのRX 6950 XTはパフォーマンスを大幅に向上させるわけではありませんが、3090 Tiとの差を埋めるには十分であり、しかも40%以上安いコストでこれを実現しています」と分析しています。

続いてレイ・トレーシングをオンにして再テストした結果が以下。レイ・トレーシングは非常に負荷が高く、対応しているGPUは限られています。RX 6500 XTが1080p Ultra&レイ・トレーシングオンの処理を行えなかったため、このグラフでは1080p Mediumのスコアを基準に並べられています。


また、上位10件はこんな感じになっています。Tom's Hardwareは「1080pと1440pの標準的なテストではAMDが首位に立つことができますが、レイ・トレーシングを有効にすると、AMDの最高位は、Titan RTX、RTX 3070 Tiをわずかに上回る6位となります。IntelのArc A380は、レイ・トレーシング性能においてRX 6500 XTをわずかに上回っており、AMDの16個のレイ・アクセラレータに対して8個のRTUしか搭載していないことを考えると、興味深い結果となっています」と述べました。

Graphics Card1080p Medium1080p Ultra1440p Ultra4K UltraSpecifications
GeForce RTX 3090 Ti100.0% (118.2fps)100.0% (84.4fps)100.0% (57.2fps)100.0% (29.1fps)GA102, 10752 shaders, 1860MHz, 24GB [email protected], 1008GB/s, 450W
GeForce RTX 309091.7% (108.4fps)89.7% (75.7fps)88.7% (50.8fps)87.2% (25.4fps)GA102, 10496 shaders, 1695MHz, 24GB [email protected], 936GB/s, 350W
GeForce RTX 3080 Ti89.3% (105.6fps)87.6% (73.9fps)86.0% (49.2fps)84.6% (24.7fps)GA102, 10240 shaders, 1665MHz, 12GB [email protected], 912GB/s, 350W
GeForce RTX 3080 12GB88.5% (104.7fps)85.8% (72.4fps)83.7% (47.9fps)81.4% (23.7fps)GA102, 8960 shaders, 1845MHz, 12GB [email protected], 912GB/s, 400W
GeForce RTX 308081.5% (96.3fps)78.5% (66.3fps)76.3% (43.7fps)72.2% (21.0fps)GA102, 8704 shaders, 1710MHz, 10GB [email protected], 760GB/s, 320W
Radeon RX 6950 XT70.4% (83.2fps)66.7% (56.2fps)62.9% (36.0fps)59.0% (17.2fps)Navi 21, 5120 shaders, 2310MHz, 16GB [email protected], 576GB/s, 335W
GeForce RTX 3070 Ti66.3% (78.4fps)63.0% (53.1fps)59.2% (33.9fps) GA104, 6144 shaders, 1770MHz, 8GB [email protected], 608GB/s, 290W
Radeon RX 6900 XT63.0% (74.5fps)59.0% (49.8fps)55.2% (31.6fps)51.7% (15.1fps)Navi 21, 5120 shaders, 2250MHz, 16GB [email protected], 512GB/s, 300W
Titan RTX62.5% (73.9fps)58.2% (49.1fps)55.4% (31.7fps)52.5% (15.3fps)TU102, 4608 shaders, 1770MHz, 24GB [email protected], 672GB/s, 280W
GeForce RTX 307062.1% (73.4fps)58.7% (49.6fps)54.9% (31.4fps) GA104, 5888 shaders, 1725MHz, 8GB [email protected], 448GB/s, 220W


「結局のところどんなGPUを選べば良いのか」ということについて、Tom's Hardwareは「最速のカードはNVIDIAのRTX 30シリーズまたはAMDのRX 6000シリーズです。AMDの最新グラフィックカードはレイ・トレーシングなしでも十分なパフォーマンスを発揮しますが、レイ・トレーシングを有効にすると後れを取る傾向があります」と述べました。

また、Tom's Hardwareはゲーム8タイトルでの平均FPSでGPUを並び替え、画質ごとにグラフにまとめています。まず1080p Mediumがこれ。


1080p Mediumかつレイ・トレーシングオン


1080p Ultra


1080p Ultraかつレイ・トレーシングオン


1440p Ultra


1440p Ultraかつレイ・トレーシングオン


4K Ultra


4K Ultraかつレイ・トレーシングオンです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
IntelがRTX 3060 Ti相当の性能を持つグラボ「Arc A770」を10月12日から329ドルで発売へ - GIGAZINE

AMDがZen 4アーキテクチャ採用でDDR5&PCIe5.0に対応したRyzen 7000シリーズを発表、2022年秋に投入予定 - GIGAZINE

仮想通貨の大暴落に伴ってグラボの価格が下落し希望小売価格を下回り始める - GIGAZINE

NVIDIAのGPU不足が解消され余剰在庫が発生 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.